スポンサーリンク

わが家のざっくり家計管理

資産運用

家族構成

夫、妻の2人。共に30代。賃貸マンション暮らし。

夫(弁護士)は投資に興味がなく、仕事で稼ぐことしか考えていないが、妻は投資でお金を増やすのが大好き。

家計管理方法

・夫から妻へ毎月一定額(現在45万円)の生活費を渡し、妻が管理する。

基本的に夫の収入だけで生活費を賄い妻の収入は全て貯蓄と投資に回す。

※電気ガス水道代、家のインターネット代、外食費、家電などの臨時支出は、妻へ渡す生活費以外の夫の小遣いから支出しているので、妻は管理していません。

こんな感じで、わが家はお小遣い制でもなく、完全別財布でもないです。

内訳

夫から毎月渡される45万円の使い道は、ざっくり以下のとおりです。

金額用途
80,000貯金
170,000家賃
50,000夫の保険、年金、iDeCo
50,000妻のつみたてNISAとiDeCo
100,000生活費兼妻の小遣い
450,000

➀8万円(貯金)について

夫婦共通の貯金です。先取り貯蓄で必ず8万円を確保します。最初は10万円でしたが、③の夫のiDeCoの掛け金を増やしたため減額しました。

②17万円(家賃)について

1LDKのマンションの家賃です。2人暮らしにしては広めでオーバースペックで高額な為、引っ越したいです。しかし、旦那が今の物件を気に入っていて却下されます。

③5万円(夫の保険、年金、iDeCo)について

夫の死亡保険、休業補償、国民年金、iDeCoです。保険については、1年前に見直し、必要最小限にしました。医療保険は解約しました。また、妻には保険をかけていません。

ちなみに、夫名義でつみたてNISAはやっていません。つみたてNISAはiDeCoと違って所得控除ができないため、投資に興味のない夫は乗り気ではないようです。

④5万円(妻のつみたてNISAとiDeCo)について

妻名義でのつみたてNISA、iDeCoです。インデックスの外国株式100%で運用しており、2022年の投資先はS&P500と先進国株式です。

なお、高配当株投資(個別株、ETF等)のための予算はここでは取っていません。なぜなら、妻の裁量と判断で、資産運用を(半ば趣味で楽しく)行っており、国が後押ししているつみたてNISAやiDeCoのインデックス投資と違って、含み損が出た時など上手くいっていない時の夫への説明が難しく、投資を反対されかねないからです。

⑤10万円(生活費兼妻の小遣い)について

生活費は10万円中4万円に収まることを目標に、食費や日用品等の変動費を妻が節約しやりくりしています。 余った分は妻の小遣いとすることで、節約するインセンティブになっています。

妻の小遣いの使い道は、奨学金15000円/月の他に、携帯代、交通費、貯蓄、株式投資などです。

妻の収入の使い道について

夫から渡されるお金だけでやりくりができれば、妻の収入は全て妻の小遣いです。

と言っても、妻の私は無駄遣いが好きではなく、むしろ投資してお金を増やしたり、節約するのが楽しいため、全て、貯蓄と投資に回しています

もし何か特別高額なものが欲しくなったらその時使います。

今後の課題、夫への要望

  • 家賃の安い家に引っ越したい
  • 水道光熱費やインターネット代は夫持ちだが、私が生活費全般を一元的に管理したい
  • 夫につみたてNISAを始めてもらいたい
  • 夫が家に入れるお金を45万→50万以上に増やしてほしい
  • というか夫が収入の一部を私に渡すのではなく、私が夫の通帳を管理して夫にお金を渡すというお小遣い制にしたい。

うちは夫婦で協力して資産形成をしているわけではないので、どうしても合わないところがあり要望が出てきてしまいます。話し合いが必要だなと考えていますが、投資に関心がない夫との溝が深まりそうなのが不安です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました